契約をする

納得する女性

近年、自動車保険の見直しを行う方が増えています。というのも、保険見直しをすることで保険料が安くなる可能性があるためです。 現在の自動車保険はユーザー一人ひとりに合わせた保険契約ができるようになっています。補償の種類には対人賠償、対物賠償、人身傷害、自損事故、車両保険などがあり、このうち対人賠償と対物賠償は必須ですが、その他の補償に関しては必要に応じて組んで構いません。例えば、乗り捨てるような自動車に乗っているのなら車両保険は必ずしも必要ではないでしょう。また、運転者を契約者のみ、契約者と配偶者、契約者と家族などに限定をすることで保険料を安く抑えることも可能です。 自分のカーライフやライフスタイルが変わった時が保険見直し時期ですので、チェックしてみてください。

自動車保険の契約方法には「代理店契約」と「通販型契約」がありますので、保険見直しの際には契約方法も確認してみましょう。 代理店契約とはディーラー、整備工場、保険専業店などを介して契約をする方法です。知識を持った方と相談しながら契約ができるので、自分に知識がなくても適した保険契約ができます。ただ、その反面では仲介料がかかるので保険料が割高になってしまいます。 通販型契約とはネットや電話申し込みで保険会社と直接契約する方法です。自分で知識を持ち保証を考えなくてはなりませんが、仲介料がない分、保険料は割安になります。 自動車保険の保険見直しの一つの目安としてヘビーユーザーなら代理店契約、ライトユーザーなら通販型契約で構わないでしょう。